×

CATEGORY

HOME»  デザイナー

デザイナー

銀製かんざしアーティスト HANAE INOIE

銀製かんざしアーティスト HANAE INOIE

ウェディングドレスメーカーのデザイナーを経て、大阪と京都にて彫金を学ぶ。
2005年より京都でかんざしと家紋ジュエリーの制作を開始。
現在は、個展やデパート催事で商品の販売をしつつ、一般のお客様からのオーダー品から京都の芸妓や舞妓の銀製装飾品(ぽっちり、かんざし)を手がける。

経歴

2003年 ウェディングドレスメーカーの企画室で、パタンナーデザイナーとして5年間勤務後、
大阪・京都にて宝飾クラフトを学ぶ。
2005年 Atelier華e(アトリエ ハナエ)として、かんざし・家紋ジュエリーの制作を開始。
2007年 京都 上七軒のギャラリーにて個展を開催。 ※以降毎年秋に個展を開催。
2008年 中国 国際文化交流博覧会出展。(浙江省)
2010年 京都 5周年個展。 ※この年より、芸妓さんの装飾品のオーダーを受ける。
2011年 フランス芸術協会より「アール・ヌーヴォーの美グランプリ」を授与。
2012年 イギリス ロンドンのヘンリー・ムーアギャラリー「第三回世界芸術競技」出展。
2013年 白泉社より漫画「神様はじめました」に登場するかんざしを銀で再現する依頼を受け、初の漫画とコラボ作品が完成。
「花とゆめ」8月に掲載される。
2014年 7月 ロンドンのヘンリー・ムーアギャラリー「第三回世界芸術競技」出展。
パリで開催された『Japan フランス EXPO』のWABI-SABIブース出展。
9月 パリ16区 ワイン博物館に収蔵されたライスワインのラベルに
『松竹梅 櫛&平打ちかんざし』が使われる。
2015年 京都の舞妓のぽっちり(帯留)のデザイン制作を担当する。
10月 10周年個展を南青山にて開催する。
2016年 11月 公開の映画「古都」にて、主演女優のかんざしにAtelier華e(アトリエ ハナエ)の「切り絵蝶」が使われる。
2017年 日伊芸術文化教育実行委員会より『日伊王朝ワインラベル芸術創造アーティスト特賞』を受賞。

CATEGORY

CONTENTS

CALENDAR

定休日:日曜日